田町出張マッサージで疲労回復。

職業柄、出張がとても多いのですが、先日は宿泊先のホテルで目の疲れから肩凝りと頭痛に教われました。なるべく薬は使いたくないので、マッサージをお願いしたいと思いましたが、既に時刻は深夜11時近くなので、ホテルの専用のマッサージは受付が終了していました。仕方が無いので、スマホで出張マッサージ店を調べると、深夜でも来てくれるところを見つけました。早速問い合わせをして、予約を入れたいというと、こちらが指定した時間に来てくれることになりました。

出張マッサージは以前に一度経験した事はありますが、もう何年も前の話しでしたので、少し緊張してマッサージ師の方が来るのを待ちました。
時間通りに女性の方が部屋に尋ねてくると、説明と会計を終えて、いよいよ施術に入りました。

体に触れられた瞬間にこの人には期待できると思いましたが、見事な施術で、終始体も気持ちが良かったですし、施術後には頭痛が取れていました。
力の入れ方も自分には丁度良い加減でしたので、癒し効果も得られました。

頭痛と肩凝り解消に頼んでマッサージでしたが、完全に疲労が回復していたので、次の日は本調子で仕事に望めました。
次の出張でもまた利用したいと思います。

田町…異なる2つの表情を持つ街

田町は東京都港区の東側にある地域です。山手線に田町という駅がありますが、山手線の中でもマイナーな駅のように思われます。それもそのはずで、現在、田町という地名は存在していません。地名としての田町は昭和の間に芝浦、芝、三田の一部に編入され、今は田町というと山手線の駅周辺の地区を指すものとして使われています。
田町はもともと東海道に沿うようにして形成された町でした。田畑が広がる地域に町が作られたということが、田町という名前の由来になっています。江戸時代には諸藩の屋敷が立ち並ぶエリアでもありました。
現在の田町は山手線を境に三田側と芝浦側で異なる表情を持っています。三田側には慶応義塾大学があり、学生の街として栄えています。昔懐かしい雰囲気が漂う三田商店街や慶応仲通り商店街での買い物は楽しいものです。対して、芝浦側はお洒落なタワーマンションが数多く建つエリアです。東京湾を眼下に眺めながらの生活…ぜひともそういう生活をしてみたいですね。

トップに戻る